寝る子は育つって本当?睡眠の成長効果について

寝る子は育つって本当?睡眠の成長効果について意外としらない真実

寝る子は育つって本当なの?
睡眠が子どもの成長に大切だと言われている理由
子どもだけじゃ無くて大人にも睡眠は大切ですよね


よく言われているのが22時〜2時までが睡眠のゴールデンタイム
シンデレラタイムなどと言われて、お肌が綺麗になる時間帯

 

睡眠のゴールデンタイムって何?

22時から2時の間に睡眠をとると何が良いのか?

 

それは、その時間帯にもっとも活発に成長ホルモンが分泌されるんです

 

だから、大人の場合にはその時間でお肌の細胞が活性化されるわけです。

 

成長期の子供であれば、もちろん成長ホルモンがきちんと分泌されることによって身長が伸びると言うわけです。

 

子どものうちから夜更かしをすると、成長ホルモンを出す事が出来ずに身長が低いままなんて事も
しっかりと睡眠は取るようにしましょうね

 


レム睡眠とノンレム睡眠について

成長ホルモンは、深い睡眠中に分泌量が増加します

睡眠には浅いレム睡眠、深いノンレム睡眠があって
更にノンレム睡眠は深さを4段に分けることができます。

 

十分に睡眠時間がとれていても、成長ホルモンの分泌に必要な
3、4段階の深い睡眠が十分にとれていない子供たちが増えてきているのが現状です。
子供が成長する可能性がある時期に、十分な深い睡眠を与えてあげてください!

子どもは何時間寝ればいいの?

最近の子どもは、テレビやゲーム、スマホ・ネットなど誘惑が多く
また、夜もいつまでも明るい環境にいるため、睡眠時間が凄く少なくなっていると言われています

 

きちんと成長する為には、一体子どもが寝る時間は、何時間寝ればいいのでしょうか?

 

以下の表を参考にしてみてください
寝る子は育つって本当?睡眠の成長効果について意外としらない真実

 

小学生、中学生の理想の睡眠時間は9時間
高校生の理想の睡眠時間は8時間

 

 

では、赤ちゃんや幼児の理想の睡眠時間は??

 

年齢 理想の睡眠時間
1〜3歳 12〜14時間
4〜6歳 10〜13時間
7〜12歳 10〜11時間
13〜18歳 8〜9時間

 

 

 

どうでしょうか?足りて無いなと思ったら、是非 睡眠を見直してみて下さい